ワインの種類

ロゼワインと赤・白ワインの違い 造り方や味の特徴はどんなふうに違うのか

赤ワインと白ワインとロゼワイン
記事の目次

ロゼは黒ブドウだけを使用、白は黒・白どちらも使える

ロゼワインは基本的に黒ブドウ品種のみを原料として造られます。

これは、赤ワインと同じく黒ブドウの皮に含まれる赤い色のポリフェノール(アントシアニンなど)を利用するためです。

一方、白ワインは皮や種と果汁を分離してから発酵させるため、白ブドウはもちろん黒ブドウも原料として使用することができます。

ただし、これは普通のワイン(スティルワイン)の場合。

炭酸ガスを含むスパークリングワインのうち、シャンパン(シャンパーニュ)やそれと同じ造り方をするものは、赤と白の原酒ワインをブレンドしてロゼにするため、黒ブドウだけでなく白ブドウも原料として使用します

ロゼには皮や種由来の成分が「少しだけ」含まれる

ロゼワインは、皮や種などの固形部分に含まれているポリフェノールなどの成分が、ちょっとだけ含まれています。

赤ワインの場合、固形部分と果汁は基本的に一緒の状態で最後まで発酵させられ、色や渋みなどがしっかりとワインへと引き継がれます。

一方白ワインは、アルコール発酵が始まる前に圧搾し果汁だけを発酵させるため、固形部分に由来する成分はほとんど含まれません。

そしてロゼワインの場合、発酵のスタートから途中までは固形部分と一緒に、途中からは分離して果汁だけの状態で発酵が進むため、皮や種由来の成分が赤ワインよりは少なく、白ワインよりは多く含まれるのです。

ロゼワインには「白寄り」と「赤寄り」がある

ロゼワインの色や風味の濃さには、製品ごとにかなり大きな差があります。

これは「皮や種とどれくらい接触しているか=どれくらい成分を移すか」が製品ごとに違うからで、当然ながら接触時間が長いほど基本的に色も味わいも濃くなっていきます

ロゼワインの色は、白ワインにほんのりピンク色をつけたような淡いものから、ちょっと薄めの赤ワインくらい濃いものまでいろいろですが、使用しているブドウ品種が同じであれば、基本的に水色の濃淡はそのまま風味の濃淡に比例します。

つまり、色合い的に白ワインに近いものは、味わいも白寄りでシンプルな酸味主体のすっきり系、色が赤ワインに近いものは味わいも赤寄りで味わい豊かなタイプが多くなっているのです。

赤は長期熟成型が多いが、ロゼは比較的早飲み型

同じように黒ブドウを使用する赤ワインには、比較的長期間の熟成を前提とするタイプが少なくありませんが、ロゼワインは一般的に熟成を必要としない早飲みタイプになっています。

これは、主に含まれているポリフェノールの量が異なっているためです。

ポリフェノールは抗酸化作用を持つ成分で、ブドウの場合は皮や種に多く含まれています

そのため、そうした固形部分と長く接触しポリフェノールが大量に移った赤ワインのほうが、途中で分離してしまうため比較的少ないロゼワインよりも長期間の熟成に向くのです。

また、ロゼワインが伝統的に「気軽に飲むカジュアルなタイプのワイン」として扱われてきたことも理由の一つとしてあげられるかもしれません。

ロゼワインはもともと、「バカンスなどで難しいことを考えずに楽しめるワイン」「濃い赤ワインを造るときに出る、中途半端に色がついた果汁の再利用」として、どちらかというと軽く見られることの多い種類のワインでした。

こうしたイメージから、手間ひまがかかり価格も上がってしまう長期間の熟成を、あえて行う生産者がほとんどいなかったのです。

実際、価値観が多様化し古いイメージからの脱却が進む現在では、高級赤ワインほどではないものの比較的長期間の熟成を経る、高品質なロゼワインも造られるようになってきています。

  • おすすめロゼワイン
  • ・コノスル ピノ・ノワール ロゼ ヴァラエタル(Cono Sur Pinot Noir Rose Varietal)
  • ・エニーラ ロゼ グラン・キュヴェ(Enira Rose Grande Cuvee)
  • ちょっとリッチなおすすめロゼワイン
  • ・田崎ヴィンヤード ツヴァイゲルト ロゼ
  • ・ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル バンドール ロゼ リゾート プロヴァンス(Domaine Lafran-Veyrolles Bandol Rose Resort Provence)
  • おすすめ赤ワイン
  • ・コノスル シングルヴィンヤード カベルネ・ソーヴィニヨン(Cono Sur Single Vineyard Cabernet Sauvignon)
  • ちょっとリッチなおすすめ赤ワイン
  • ・ファルネーゼ エディツィオーネ・チンクエ・アウトークトニ(Farnese Edizione Cinque Autoctoni)
  • おすすめ白ワイン
  • ・ベリンジャー カリフォルニア・シャルドネ(Beringer California Chardonnay)
  • ちょっとリッチなおすすめ白ワイン
  • ・オー・ボン・クリマ シャルドネ ニュイブランシュ(Au Bon Climat Nuits Blanches)
この記事をシェアする
ページのTOPへ戻る