場面に合ったワインの選び方

バレンタインのプレゼントに贈りたいワイン チョコの代わりに・チョコと合わせて

ピンク色のワイングラスとワインボトル
記事の目次

バレンタインと言えば、日本では好きな人や仲のいい人にチョコレートを贈る日ですね。

でも、毎年同じようなチョコを選んでしまってマンネリ感があったり、相手が甘いものをあまり好きではなかったりすると、なにを贈ったらいいかちょっと悩んでしまうことも。

そんなときは、ワインをプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

ここでは、バレンタインのプレゼントにふさわしいワインを、テーマ別にご紹介いたします。

チョコレートに合うワイン

ポイント

チョコレートの甘さや酸味、副原料の種類によって選びましょう!

「他の人からのチョコに差をつける、強い印象を持たせたい」
「せっかくいいチョコを贈るんだから、できるだけおいしく食べて欲しい
という方は、チョコとワインをセットでプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

程よい酸味やアルコール、タンニンなどを含むワインは、実はチョコレートと相性バツグンのお酒なんです。

ただチョコレートを贈るだけでなく、一緒に楽しめるお酒も一緒にプレゼントすれば、他の人よりも強いインパクトを持たせられること間違いなし!味や香りの特徴を考えて正しく組み合わせたマリアージュ(食べ合わせ)は、お互いのおいしさを何倍にも高めてくれます。

チョコと一緒に贈るワインを選ぶ際には、チョコレートの甘さや酸味などに近い印象のものを選ぶのがポイントです。

例えば、甘さ控えめでカカオバターがしっかり効いたビターチョコであれば、タンニンの渋みがはっきり感じられるフルボディの赤ワイン、優しい口当たりと甘さが特徴のミルクチョコであれば、酸味控えめですっきりした中甘口の白ワインなどが良いでしょう。

ナッツを使用したチョコレートなら口の中をさっぱりさせてくれるミディアムボディの赤ワイン、ドライフルーツを多用したチョコならコクあり辛口のスパークリングワインなども組み合わせやすいはずです。

逆に避けたほうがいいものとしては、チョコの油脂分や糖分とバッティングする強い酸味の白ワイン、チョコレートの存在感を塗りつぶしかねない極甘口のデザートワインなどがあげられます。

これらを贈りたいのであれば、チョコを添えずにワインだけの方がいいでしょう。

ちょっとリッチなおすすめワイン

チョコの代わりに贈るワイン

ポイント

バレンタイン仕様の製品や関連のあるワインをチョイス!

「毎年のイベントなので、ちょっと目新しいプレゼントにしたい
チョコレートや甘いものが苦手な相手にも、喜んでもらえるものを贈りたい」
という方におすすめなのが、バレンタインと関連性を持ったワインです。

普通のワインにラッピングをしたり、プレゼント用にメッセージを入れたラベルをつけられるサービスなどもありますが、せっかくチョコの代わりに贈るのですから、どうせならもっとバレンタインというイベントに寄ったワインを選んでみましょう。

オーソドックスなパターンとして挙げられるのは、バレンタイン仕様の特別なラベルやボトル、味わいのワインです。

2月にデパ地下や専門店の店頭を見てみると良くわかりますが、ハートや天使、チョコレートなどをあしらったデザインのラベルや、綺麗なレッドピンクの水色を強調したワインなど、多くの生産者がバレンタイン向けのワインを販売しています。

中にはボトル自体がハートの形になっているものや、2脚のワイングラスがセットになっていることで、暗に「バレンタインを一緒に過ごそう」というメッセージを込められるものなど、かなり凝ったものも少なくありません。

自分が相手に伝えたい気持ちの種類や強さに合わせて、イメージに合ったデザインのワインを選んでみてはいかがでしょうか。

また、バレンタインや愛情に関連のあるワインを選ぶという手もあります。

例えば、フランス・ボジョレー地方の「サンタムール」
「愛の聖人(聖なる愛)」という意味のその名前は、バレンタインというイベントの由来となった聖ウァレンティヌスの伝説を思い起こさせます。

同じくフランスのボルドー地方にある有名シャトー「カロン・セギュール」では、伝統的にハートマークのラベルを使用しており、そのネームバリューから特にワイン好きの相手に贈ると効果が高いかもしれません。

ただ、必要以上に愛情たっぷりだったり、逆にそっけなさ過ぎるデザインなど、自分の気持ちとギャップのあるワインを選んでしまうと、誤って伝わってしまう恐れがあります。

高価すぎる・チープすぎるワインも同様に誤解のもとですので、バランスをみながら選ぶようにしましょう。

おすすめワイン

ロマンチックな雰囲気を演出してくれるワイン

ポイント

メルヘンな香りのワインや甘いワインが最適です

大人の雰囲気のバレンタインを演出したい」
「プレゼントするだけでなく、一緒にロマンチックなバレンタインを過ごしたい
という方は、ぜひムードを高めてくれるタイプのワインを試してみてください。

心地よい香りを持ち、アルコール度数がちょうど良い(陽気になるほど弱くなく、眠くなるほど強くない)ワインは、ロマンチックなひとときを過ごすのに最適のお酒といえます。

この目的で選ぶのであれば、華やかな香りを持つピノ・ノワールシャルドネ、もしくはやや甘口からデザートワインくらいの甘めのワインが良いでしょう。

特に、ブルゴーニュ地方など良質な産地のピノ・ノワールのワインは、一面の花畑や大きな花束に例えられるうっとりするような香りを持っており、周囲の空気を一気にメルヘンの世界へと運んでいってくれること請け合いです。

甘いワインはチョコレートと同じく気持ちをリラックスさせ、楽しいひとときとより親密になるチャンスをもたらしてくれるでしょう。

ただこれは当然ながら、相手の好みから大きくはずれていないことが前提です。

華やかな香りのワインはともかく、極甘口のデザートワインは甘いものが苦手な人にはちょっと飲みづらい可能性があります。

せっかくのバレンタインを台無しにしないためにも、事前調査は抜かりなく済ませておきましょう。

おすすめワイン

ちょっとリッチなおすすめワイン

この記事をシェアする
ページのTOPへ戻る